眠りにつくまで。

教えて、ジャニヲタ先生 @83kaku__

毎日がおたくすぎて一歩引いて自分を見たら心底ドン引きした話。

お題「○○担になったらこんないいことがありました!」

 

おもしろそうなお題を発見しましたので、わたしもやってみる〜!!

 

ちなみにこの記事がわたしのブログの初見の方もいらっしゃると思いますので、一応説明させていただきますと、わたしの担当は加藤シゲアキさん(NEWS)と重岡大毅さん(ジャニーズWEST)です。

 

まずは、加藤シゲアキさん担当になったらこんないいことがありました!!

 

①世界が明るくなった。

わたしにとっておしげくんは、ヲタクになって初めての担当の人でもあります。前記事でも書いたようにKinKi KidsやV6、嵐、当時のJr.のメンバーを推しとして、カッコイイと思うことはあっても、毎日考えたり、存在すら愛おしいと思うことはなかったと記憶しています。

そんなおしげくんが存在するこの世界に、同じ時代に、自分が生きられているこの事実に、もし神様がいるのなら感謝したい。(これすげー重くない?ブログ始めて改めて自分の重みを再確認)

 

 

②友だちができた。

中学時代、NEWSが好きになって、同じくNEWSが好きな同じクラスの女の子と仲良くなることができました。初めてコンサートに一緒に行ったのも、この友人。他にもNEWS担じゃなくても、同じジャニヲタってだけで、盛り上がれる子がいた。

わたしは高校〜大学時代、超絶闇期だったんですが、それでもNEWSが好きなお陰で友だちができました。

その頃からやり出したSNSでも素敵な出会いがたくさんありました。今でも連絡を取る友人もいます。やはり同じジャニヲタだからバカになれる。

社会人になっても、出会いがありました。職場でジャニヲタをカミングアウトしたら、母と同い歳の上司もジャニヲタで、話が盛り上がる盛り上がる。人見知りでうまく馴染めるか不安だったけど、一気に緊張がとけた。それだけで職場で自分を表現することができた。

他職種のこれまた母と同い歳の違う上司とも一気に打ち解けました。多分、同じジャニヲタじゃなかったら、理解し合えなかったんじゃないか、こんなに話すこともラインを交換することもなかったんじゃないか、ってぐらい他職種の壁は厚いし高い。この上司との出会いはわたしの人生の中でもかけがえのない出来事になると思うくらい、ご家族ぐるみでお世話になってます。

 

③ちょっと辛いことがあっても毎日がんばれる。

わたしはジャニーズに全人生を捧げている重めなヲタクなので、一番はNEWS、ジャニーズWEST。コンサートに行けなきゃ仕事している意味がないし、まずジャニーズのない人生が想像できない。ジャニーズ is 人生。もっと言えばジャニーズ is わたし。つまりおしげくんはわたしってことになる。それは言いすぎた。全世界のシゲアキ担に刺される。ごめんなさい。

 

④女子力が少しだけアップする。

もともと小学生のときから、子ども用のメイク道具を買ってもらったり、そういうものを集めるのが好きだったというのはありますが、やはりコンサートで自担の前に立つってだけで、顔面凶器をシゲアキ様の目に晒してはいけない、と謎の使命感が生じるので、少しでもマシな顔面になるようにメイクの研究を普段からします。いくら自担の目に入る可能性なんて何万分の1の確率だとしても、0じゃない限り何かあったら困るからばっちりします。高めのものもたまには購入するし、安くていいものには喜んで飛びつく。

最近ではブリーチばかりしてきたせいで傷んでしまった髪の毛を補修するのにも余念がありません。それでもアッシュ系の髪色からは抜け出せないんですけど、できるだけ傷まないように、シャンプートリートメントはサロン専売品を使うし洗い流さないトリートメントを2種類使ってドライヤーして冷風で仕上げる。

ネイルもしたい。ネイル禁止の仕事なので休日に単色かスタッズとかで簡単なものしかできなかったのですが、セルフでも長さ出しなどやられている方を見て、自分でやってみようかな、と思っています。

最近では脱毛したいと思っているのですが、人見知りで自分に自信のないわたしにはサロンはハードルが高い。脱毛器買おうかな〜と思うのですが、どうなんでしょうか...

 あとは、料理ですね。媒体が何かはわからないのですが、おしげくんが以前、「(付き合う女性が)料理できなくてもいい。たまに作って今日はがんばって作ったよって威張ってたらキュンとする」みたいなことを、超ニュアンスですが言ってて、もうわたしは超絶キュン死しました。そこから、わたしは自分に作れそうだな、って思ったものから作ってみようと心掛けています。毎日の献立、ってほどは作っていないのですが、レシピ本やアプリでこれすげえ食べたい!っていうのがあったら、作ってみます。某有名アプリのページにはたくさんのレシピが保存されています(笑)毎日更新される今日のおすすめレシピをチェックしている。見てるだけで幸せ。お菓子作りも好き。スイーツ作り出す。自分ではあまり食べないけど(笑)

 

 

さあ、続いては重岡大毅さん担当になったらこんないいことがありました!!

 

これはもちろん、上記に述べたこともしげおかくんにおいて同じことが言えます。そこからさらに最近になって変化があったことを挙げてみました。

 

①精神年齢が若返った。

至るところで「おばちゃん」「おばあちゃん」「BBA(笑)」と言われていたわたしですが、ジャニーズWEST沼にハマりだした頃、あらゆる人から「かわいくなった」「女になった」「彼氏でもできた?」と言われるようになりました。もちろん自分ではそんなこと微塵もないと思っていますが(笑)

 これは社会人になって、わたしが痩せたというところも関係しているのかもしれませんが、まず一番は髪型がショートからミディアムヘアになったことが大きいと思います。

自分の中でどんな心境の変化が起こったのか、自分でも自分が分からないんですけど、あんなにずっとショートだったのに、しげおかくんに一目惚れしてから髪を伸ばしたくなりました。わたし自身ロングは自分には絶対似合わないと思っていたんですが、伸ばしてみたら案外そうでもなくて、アレンジするのがすごく楽しくなりました。

そして、なにより同い歳のしげおかくんを応援しているということがすごく関係していると思います。(正確に言えば生まれ年は1つ上ですが、同学年になります。)ジャニーズWESTのメンバーも、神ちゃん、流星くんは同じ93年生まれです。

今まで年上のイケメンお兄さんばかりを応援してきたわたしは大人の魅力を持つ人がタイプで応援していましたが、自分が社会人になって仕事の大変さを痛感したからこそ、業界は違えどしげおかくんの仕事を全うしようとするその姿に惚れたのかもしれません。あとは親近感ですかね。ラジオ聴いてると、言ってることがあまりに普通で、生活感がすごくて、学生時代で言えば周りの男子と言ってることが変わりません(笑)芸能界に入っている時点で精神年齢とかは少し大人なのでしょうが、くだらないことでアホみたいに笑ってるのを見ると、やっぱり同い歳だなあって思います(笑)

 

②妄想がしやすい。

よく、しげおかくんと同期だったら、という妄想をお見かけするのですが、リアル同期のわたしはそっくりそのまま脳内にインストールしてしまって、それはそれはもう大変です。

部署が違っても休憩スペースでコーヒー奢ってほしいし、偶然帰りが一緒になったら駅まで話して歩きたいし、もっと親密になったらラインで待ち合わせして遊びとか飲みに行きたい人生だった。(白目)

 

 

ほんとはもっともっと思い出して挙げたいのですが、キリがないのでここら辺で一旦締めます〜!!

またまた更新していくうちに自担への愛を気持ち悪いほど吐くと思いますので、ダイマされたい方は是非また読みにきてください〜!!

 

素敵なお題をありがとうございました!!!